このページをプリントする 前のページへ戻る
  ACT報告東洋東南アジアフォーラムに参加して
日時:2012年11月8日(木)

〈報告〉 計画・大会委員 L桑原 宏枝

11月8日(木)12:00過ぎには今回の東洋東南アジアフォーラム出席の委員長L荒木、副委員長L鈴木(貴)、L中村、私の4名が集合しまして、13:13のぞみ25号にて博多へ向かいました。
名古屋から福岡まで新幹線で移動したのは初めてだったので、3時間30分という時間をどう過ごそうか?と考えておりましたが、車窓から眺める日本の山々は紅葉を始めている箇所も何か所かあり、秋の深さを感じさせてくれましたしアッという間の博多到着となりました。
夜には、L畑も合流して下さり博多の美味しい夜を満喫させて頂きました。
私はライオンズに入会させて頂いて以来3回目で毎回、東洋東南アジアフォーラムに出席させて頂いておりますが、今回ほどお食事が美味しく安心出来た大会は初めてでした。

翌日には、登録キットを朝から会場に頂きにあがり準備させて頂いて11:30の集合で、皆さまと一緒にマリンメッセに向かいました。
大会会場である、マリンメッセでは会長L花井、幹事L宮川、会計L横田とも無事に合流する事が出来まして、私の初体験である"大会会場のフードコートにての昼食"を屋外で頂き、名古屋とはうって変わっての暖かさに驚き、また毎回の事ですが、人の多さに圧倒されました。

開会式が始まると、どこからともなく入場ゲートは大変な人の賑わいでものすごい数に膨れあがりどんどん、開会式会場に人が流れていきます。
この光景はアジア各国のどのフォーラムでも同じですが、今回も日本の方以外の参加がとても多くて、福岡にいるのに違う国にいるような錯覚を起こしました。
そして、始まった開会式ではとても広い会場に数千人が着席して光と音のパフォーマンスが始まり今回も圧倒されました。毎回、東洋東南アジアフォーラムに参加させて頂き感じる事ですがライオンズの奉仕の心これは世界各国共通の思いで、その気持ちが1つになる開会式での進行。私もここに来れて良かったと感じる事が出来ました。

また、来年も必ず参加したいと思います。まだ、参加されていない方はぜひ一度参加してみて頂けると、感動が伝わると思います。

参加メンバー

 

 

2003 All Copyrights 名古屋本丸ライオンズクラブ