このページをプリントする 前のページへ戻る
  中古眼鏡リサイクルACT
と き:2011年 2月 19日(木)
ところ:サンライフ名古屋(西区)第2会議室

<報告>視聴力保護委員長 L竹内 良男

分別作業完了 継続アクティビティとして、毎年この時期に行われている木之元地蔵尊、眼鏡店から収集された中古眼鏡の選別作業が出席者15名により行われました。 委員長が初出席のため作業不案内で、中古眼鏡アクティビティの権威者L増田の行程説目を受けて作業を開始しました。運び込まれた10数個の段ボール箱、卓上に山と積まれた薄汚れ壊れた中古眼鏡を見た時は、私を含む初出席数人のメンバーから 「エーッ。これ今日中に片付くの!」と声が上がりましたが、眼鏡、レンズ、フレーム、眼鏡ケースの分別・袋詰め、梱包作業を黙々と手早く進めた結果、フレーム付5,300個、レンズのみ4,800個、ケース付き600個の計10,700個、ダンボール箱20箱の 分別作業を正午前には無事完了する事が出来ました。(この中古眼鏡はアメリカのテキサスLC・眼鏡リサイクルセンターに送ります。) その後、会長L児玉(当日法事の為欠席、奥様が代役で出席)差し入れの幕の内弁当を全員で戴き、一部のメンバー は帰られました。残る作業は郵パック船便での発送業務ですが、回収に来た郵便局の担当者が失業対策の高齢者のため時間が掛かり、清掃を終え14:00やっと終了する事が出来ました。
 参加者の皆様ご協力有難うございました。
黙々と進む作業  
 
出席者:(サイン順)
L竹内、L高畑、L中村、L児玉、L西岡、L平田、L岡崎、L増田、L川上、L鈴木(日)、L鈴木(貴)、L山村、L岩間、L太田、L山田
 
 


 

 

2003 All Copyrights 名古屋本丸ライオンズクラブ