このページをプリントする 前のページへ戻る
  シティハンディマラソン・シンポジウムに出席して
と き:2009年 10月 17日(水)
ところ:産業会館
<報告> 会長 L中村 義枝

マラソン中の選手 10月17日に重度身体障害者を守る会から連絡が入り、名古屋で初めて25周年をお祝してシティハンディマラソン・シンポジウムと懇親会が産業会館にて開催されるという事で、本丸LCが招待を受け出席してきました。会場はボランティアの方とマラソンに参加される95%の方が車いすで、皆さんとても元気で明るく、こちらが帰る頃にはパワーを頂き元気になりました。
 25年前に名古屋本丸LCと熱田LCが協力し、当初の話では栄町の真ん中で盆踊りと運動会を行いたかったのですが、日曜日の栄町は車で渋滞し、一時ストップをかけることが難しいということで、テレビ塔の周辺で重度身体障害者の方々と市民でマラソンを行うことになりました。当時のライオンズクラブは1年しか同じ奉仕活動が出来ず、継続して協力は出来なかったそうなのですが、その時のLCの活動が成功したおかげで、後に支援をして下さる方々を探し、現在まで続けられています。現在は個人の企業(パチンコ業界のタイホウ)の会長様が応援して下さっています。
 今では、アジア(韓国、タイ、フィリピン、バングラデシュ)との重度障害者の方々にも参加していただき、交流が出来ています。アジアの方は車いすで参加されていました。ボランティアの通訳で各国の事情、名古屋のシティハンディマラソンをお手本に、自分の国に戻ってシンポジウムで交流し、話したこと聞いたことを参考に、このようなマラソンを自分たちの国にも企画していきたいとの事でした。
 懇親会では天野鎮雄(天ちんと聞けばわかる方もいらっしゃると思いますが)から、本丸LC L木村にお願いしてシティマラソンに協力してもらった話を聞きました。マイクで本丸LCの名を何度も宣伝してもくださいました。25回目のマラソンは10月18日に330人の参加者が集まり、朝10時〜12時迄行われ、テレビ塔の周りを5〜6周します。表彰式が2時ですので是非来て下さいと言われましたが、その日は押切公園内で西区民祭りの大イベント日でしたので、残念でしたが名古屋ハンディマラソンには参加することができませんでした。西区民祭りには毎年四万人の方が見に来ます。今回も本丸LCのメンバーの皆さまのご協力で商品を提供していただき、バザーでは社会福祉の奉仕活動とLCの宣伝ができました。おかげ様でお値打ちで良い商品が多いと評判のバザーは午前中には売り切れてしまいました。売り上げは西区福祉課に有効に使っていただけるよう寄付しました。
 今回シティハンディマラソン・シンポジウムの案内が来て、本丸LCは社会福祉に貢献していることが、他にも以前あったことを知り、出席して良かったと思います。今回もパワーと感動を頂いてきました。  
 


 

 

2003 All Copyrights 名古屋本丸ライオンズクラブ