このページをプリントする 前のページへ戻る
  天神山中学校体験学習を終えて
とき:2003年9月9日(火)
青少年育成委員長 L岩月邦雄
 今年度も9月9日中学生勤労体験学習を、西区天神山中学校3年生生徒135名を対象に好評裏に無事終えることが出来ましたのも、名古屋本丸ライオンズクラブのメンバーと地域の企業の皆様のご協力の賜物と深く感謝しています。
 この体験学習も今回で5回目を迎えることが出来たのは、天神山中学校の先生、ご父兄そして生徒自身の強い要望があるからです。たった一日ですが、勤労体験により、お父さんお母さんに対する感謝の気持ちを抱き、仕事の大切さが解ったと生徒に変化が見られるとの事です。
 古今東西、社会そして国が発展するためには、子供たちの教育は最重要課題の一つです。国家百年の計は教育にありとも言われています。教育は国や文部省や先生だけの責任だけでなく、地域や社会全体が教育に責任を持つものだと考えます。我々の小さな奉仕活動を社会が求めています。
 過去5回の中で何回か天神山中学校だけに体験学習を行うのは不公平だ、他の西区の中学校にも順番に行おうという意見もあると聞き及びますが、生徒が毎年変わり、学校側が要望している事を毎年実施しないことは、我々が学校側からの信頼を失う事になります。信頼関係が最も大事な事であるし、長く継続する事が大事だと確信します。
 出来るならば天神山中学校を含め他校をも体験学習が出来れば、奉仕の輪が広がります。
 今後とも継続的な体験学習の実施をお願いしたいとおもいます。

 

 

2003 All Copyrights 名古屋本丸ライオンズクラブ